風邪の始まりは鼻、のど、熱、お腹とさまざまです。風邪の9割はウイルスが体内に入ったことによっておこる症状です。防ぐためには手洗い、うがい、マスク、こまめな除菌、免疫力の向上などの対策が重要です。 
 一方で、風邪にかかってしまった場合は症状がでないと正しい対処ができません。今回はかかってしまった後の症状別の対処法をみていきましょう。
今回は風邪のひき始めに合わせた対処法とオススメの栄養素を

 鼻」・「のど」・「発熱」・「腹痛」

の4つに分けてご紹介いたします。 

発熱と腹痛からくる風邪の人はこちらから
【風邪のひきはじめ4つのタイプに合わせた、管理栄養士おすすめ栄養レシピ】

そもそも風邪とは?

 風邪とは「風邪初稿群」とも呼ばれて鼻やのどや気道に炎症が起こるころの総称をいいます。年齢、性別関係なく多くの人が発症し、その原因は9割がウイルスと言われています。感染経路としてはウイルスにより症状を発症している人のくしゃみや咳などから飛び散った飛沫からの空気感染、接触感染が原因とされています。
 一方でウイルスが体内に入っても発症するかどうかは、自分の生活環境や免疫力などによって変わってきます。



鼻からくる風邪の特徴

 鼻風邪は原因となるウイルスが鼻に入り粘膜に付着することで発症します。この時ウイルスの侵入を防ぐのが鼻水や鼻毛、ウイルスを体外に排出する機能がくしゃみ、鼻づまりです。鼻毛が気になる方は切りすぎないように注意してみてください。
 くしゃみや、鼻詰まりは風邪の初期症状として思われがちですが、これらの機能は身体がウイルスを体外に排出しようとする防御反応でもあります。初期症状を感じたときは早めの対策で早期の回復を目指しましょう。

鼻からくる風邪の対処法とおすすめ栄養素レシピ

 鼻をかむときは両鼻で一気にかんでしまうと鼻の奥で圧力が上がり、鼻水が耳に流れてしまいます。鼻は片鼻ずつやさしく息をはいてかむようにしましょう。
 栄養レシピでは秋から冬にかけて旬のにんじんで粘膜を強く、健やかにするレシピをご紹介します。にんじんに豊富に含まれるビタミンAは粘膜や皮膚の健康維持に役立ちます。

「キャロットラぺ」

[材料(2人分)]

にんじん 2本  ★酢 大さじ5
塩 少々     ★オリーブオイル 大さじ2
         ★砂糖 大匙1/2
         ★こしょう 少々


[作り方]

①にんじんを洗い、皮をむく。千切りにし、塩少々もみこんで、しんなりさせる。
②①に★を加えて30分~2時間ほど置く。


のどからくる風邪

 予防のためにマスクやうがいを徹底していても乾燥や、職場や家族などからうつってしまいがちな喉風邪。至近距離で接する人が感染しやすく、その入口となりやすいのが”のど”です。
 のど風邪は声が出しづらかったり、食事もしづらくなるなど不快感も感じやすいのではないでしょうか。のど風邪の原因には、以下の3つが原因として考えられます。

「感染」・・・ウイルスや細菌は喉の粘膜に付着することで起きる感染。

「粘膜の乾燥」・・・口呼吸やカラオケなどで大声をあげるなどの長時間の酷使による乾燥。

「喉への刺激」・・・タバコや刺激の強い香辛料などにより喉がうける刺激。

のどからくる風邪の対処法とおすすめ栄養素レシピ

  のどの乾燥を感じた時はこれ以上の乾燥を防ぐためにマスクをして、口呼吸をなるべく控えましょう。また、歯磨きやマウスウォッシュなどで口の中を清潔に保ちましょう。 喉が痛み、飲み込むのが辛いときは、あたたかいお粥を。鶏肉に含まれるたんぱく質は、ウイルスなどと戦う免疫力を向上させます。

中華がゆ

[ 材料(2人分)]

ごはん 茶碗2杯分  ★鶏ガラスープの素 小さじ1/2
水 900cc        ★醤油 小さじ1/2
しょうが 1かけ   ★塩 少々

鶏むね肉 60g      ★ごま油少々
酒 小さじ1
塩 ひとつまみ

葱 適量


[作り方]

①鍋に水900㏄を入れ、沸騰させる。生姜をみじん切りにする。鶏むね肉は細切りにし、酒、塩をまぶす。ねぎは小口切りにする。
②沸騰したら、ごはんを入れ、2~3分ほど中火で加熱。
③鶏肉、生姜を入れて15分ほど好きなやわらかさまで煮る。最後に★を加え、味を整え、お好みでねぎを散らす。

鼻とのどの風邪対策は保湿から!

 鼻とのどから風邪をひきやすい方は粘膜が乾燥しないように、マスクでの保湿を心がけましょう。マスクがない時はタオルや布団を口元にかけるだけでもおすすめですよ。体質的にのどが乾燥しやすい方は飴やタブレットで唾液の分泌量を増やすのもオススメです。
 喉風邪のリスクを高めやすい口呼吸が習慣化している方は日中はマスクを。就寝時は口元をマスクや保湿効果もあるシルク布製品で咥内が乾燥しないようにしましょう。

発熱とお腹から症状が現れる方はこちらから
☞【風邪のひきはじめ4つのタイプに合わせた、管理栄養士おすすめ栄養レシピ】

監修:管理栄養士 岡部 遥

10+